作業員

引っ越し業者の選び方

女性

安くて便利なプランも豊富

単身赴任をすることになれば、引っ越しの準備も必要になります。単身での引っ越しになるため、費用も安くなることがほとんどです。会社によっては引っ越し費用の負担もしてくれますので、引っ越し会社が会社指定のものになることもあります。単身赴任をする場合には、家具などは最低限のものにしておくと戻ってくる時にも便利です。家具や家電がついたマンションなどに引っ越しをするか、レンタル家具や家電などを利用する手段もあります。単身赴任向けの引っ越しサービスは豊富で、時間指定で荷物を届けてくれるサービスや荷解きの手伝いなども依頼することができます。引っ越し会社を上手く利用すれば、単身赴任をスムーズに進めることができます。

単身での引っ越しには

引っ越し会社を自分で選べる場合は、自分向きのプランが設定されている会社を選ぶようにしましょう。荷物を積み込む際に全て手伝ってくれるサービスも出てきていますので、引っ越し準備に時間がかけられない人でも安心です。また使った段ボールやゴミの回収などをしてくれる引っ越し会社もあり、到着した後も引き続きサービスを行ってくれます。最近では引っ越しサービスの内容やプランも多様化しているため、単身赴任に適した安いプランが増えてきています。日にちや時間を指定できるサービスなどは、忙しいビジネスマンにとって欠かせないものでもあります。マンション探しなども大切なポイントですので、社宅でない場合には不動産会社の協力も引っ越しには必要です。

単身者の引越し

引越し

引越し料金を低価格に抑えるのであれば、赤帽です。大手の引越し業者なら3万円〜5万円の料金がかかるところを1万円前後の価格で作業をしてくれるのです。軽トラックなため、単身者で荷物の少ない方には料金を抑えるのに最適です。

安くすませるコツ

荷造り

なるべく引越しにかかる費用を抑えたいときは、時期を選べるなら閑散期の平日で開始時間は指定しないプランに申し込むようにしましょう。引越し料金は運ぶ荷物の量が少ないと自然と安い料金になるので、家の中の不用品などは事前に処分して運ぶ荷物そのものを少なくすると良いでしょう。

業者選びで得をする

家電

引越しを激安ですすめていくためには荷造りを自分で行うこと、そして荷物の量を減らすことがポイントとなります。そして、同時に評判が良くサービスが優れている業者をネット口コミを参考に探していくことが大切になってきます。